インターン直前!抑えるべきビジネスマナー

もうすぐ夏。大学生の皆さんにとってはインターンシップの時期がやってきますね。もう準備を始めている人もいるのではないでしょうか。そこでインターンシップ本番を迎える前に、社会人としてのマナーを覚えていきましょう!  

意識を変えよう! 名称未設定 まず、社会人として取り組むことを意識しましょう。挨拶をしっかりする、時間を守る、途中で投げ出さずに最後までやり遂げるなど、当たり前のことは当たり前にするべきです。また、言われたことだけではなく、考えて行動するような主体性も大切です。成長意欲素直を持って取り組みましょう。  

ビジネス敬語

学生と社会人で大きく違うものとして、言葉遣いが挙げられます。普段の学生生活では意識していないものだからこそ、絶対に知っておくべき敬語をここで覚えましょう

  1.  一人称「わたし」「わたくし」   ×「僕」
  2.  取引先の企業 「貴社(書類上)」「御社(口頭)」
  3.  自分の企業 「弊社」「当社」
  4.   同意するとき「かしこまりました」 ×「了解しました」
  5.  謝るとき「申し訳ございません」  ×「すみません」

  場面によって様々な敬語や表現があるので、その度に覚えるようにしましょう。  

電話対応 名称未設定 一番はじめに電話対応を任されることも少なくありません。最低限のルールを知っておきましょう。

  1.  3コール以内に出る
  2. それ以上の場合には「お待たせいたしました」と一言添える
  3.   自分から名乗る
  4.  掛けた側が先に切る

  メール対応 名称未設定 メールにも決まった形があります。円滑にコミュニケーションをとるために形式を覚えておきましょう!

  • 件名は必ず入れる
  • 1行目に相手の会社名 2行目に相手の部署名 3行目に相手の肩書き、氏名、敬称

(例)株式会社〇〇 人事部 △△様

  •  書き出しは「お世話になっております。」
  •  結びは「よろしくお願いいたします。」
  • 最後に署名を入れる

※  会社名、部署名、住所、氏名、電話番号、メールアドレスを含んだもの (例)株式会社□□ 〒000−000 東京都〜 広報部 山田太郎 080—××××−□□□ 〇〇○@□□.com   社会人としてのマナーを意識してインターンシップに参加しましょう。 インターンシップが終わったらお礼状を忘れずに!!

この記事は私達が担当しました