企業も喜ぶ!お礼状を書いてみよう!

喜ばれるお礼状の書き方
インターンシップを終え、一息つこうとしているそこのあなた!お礼状は書きましたか。お礼状を書いて出すまでがインターンシップです。
書き方のポイントを押さえて、相手に感謝の気持ちを伝えましょう。

書くタイミングは?

名称未設定

早ければ早いほど、気持ちが伝わります。インターンシップを終えた翌日には出すことを心がけましょう。翌日が難しい場合など、1週間以内に相手に届くようにしましょう。

用意するもの
・ 便箋(縦書き、白無地、線入り)
・ 黒のボールペン、万年筆
・ 和封筒(白無地、二重)

何を書けばいいの?

名称未設定

相手に感謝の気持ちを伝えることがポイントです。マニュアルを真似するのではなく、自分の素直な気持ちを伝えましょう。
時間を割いてインターンシップに参加させてくれたことへのお礼インターンシップで勉強になったことこれからの意気込みなどを自分が体験した具体的なエピソードと交えて書くと良いでしょう。
構成は、
1. 宛名(企業名、部署名、担当者名)
2. 時候の挨拶
3. 感謝の言葉
4. インターンシップの感想
5. 結びの言葉
6. 日付、署名
を意識しましょう。

お礼状のサンプル

拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
 この度はインターンシップに参加させて頂き、ありがとうございました。このインターンシップでは多くのことを学ばせて頂きました。(具体例2つほど、今後の意気込み)
 お忙しい中、貴重な体験をさせて頂き、誠にありがとうございました。貴社のご発展と△△様のますますのご活躍をお祈り申し上げます。                                                        敬白

 平成28年○月○日
  ○大学○学部○学科○年 山田太郎
株式会社○○ 人事部 △△様

注意事項

名称未設定

・上のサンプルは横書きですが、手紙で送る場合は縦書きです。
・拝啓の後ろは一マス空けましょう
・敬白の前は改行しましょう。
宛名は高い位置に、署名は低い位置に。

名称未設定

以上のことを心がけて、気持ちの込もったお礼状を届けましょう!

この記事は私達が担当しました