新卒3年目の離職率? 新入社員に優しい「ホワイト企業」トップ300(2014年版)も参考に

「入社後3年で30%辞める」と言われる新入社員ですが、実際にはどうなのか気になっていたら記事がありましたので、考えてみたいと思います。 出展: 東洋経済オンライン

業界によっても差がありますが(一般的に高いと言われているのは、外食、車のディーリング、ドラッグストア、学習塾、家電量販店、ソフトウェア開発など)、平均的には30%、3人に1人が離職している状況です。これを高いと考えるか、低いと考えますか? なんとかして入った企業でもなぜ辞めてしまうのでしょうか。 それは、就職前での企業に関する理解と実際に働いてからの企業でギャップが大きいからというのはもちろんですが、もう一つは学生側も働く目的をよく考えきれていなかったためでもあります。企業で働くことは、必ずしも自分のやりたいことだけができるわけではありません。

だからこそ、働く上での自分の考え方を就活の際に苦しくともよく考え込んでおくことが大切です。   情報はあふれています。ですが、その情報をただ受け入れるのではなく、将来を考えての考察、大切にしていきましょう! 厳しい就職活動でなんとか入社できた大手企業、新入社員の離職率はさすがに低くはなっています。参考に、定着率ランキング(出展:東洋経済オンライン)も掲載しておきます。

1位_1

1位_1

1位_2

1位_2

126~183位

126~183位

186~239位

186~239位

244~300位

244~300位

この記事は私達が担当しました

COMMENT

Leave a Comment

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.