ニュージーランドは起業のしやすさ世界1位!

世界一起業しやすい国としてニュージーランドが挙げられます。その理由としては、1回の手続きだけで登記が済んで1日で開業ができてしまう手軽さ。
しかも、ネットの申請だけでも開業ができるので、費用も1万3000円くらいで初期費用の心配もさほどなく起業ができるのです。
そのほかにも、ニュージーランドは海外からの投資に対して様々な優遇処置が取られており、投資家には大変有利となっています。
また、ニュージーランドで起業することで永住権を取得することが可能となります。

ニュージーランドと日本

日本はニュージーランドにとってオーストラリア、米国に次ぐ第三位の貿易相手国でもあり、二国間の結びつきは強いです。
日本とニュージーランドは国際協力の長い歴史 を有しており、自由な貿易及び投資に対する強いコミットメントという共通の価値に立脚していることからも、ビジネスを始めやすい国の候補ではないでしょうか。
ニュージーランドのオークランドは、横浜のみなとみらいに似た港町です。日本語が通じるお店もあります。都会でも比較的良好な治安、地方には、豊かな自然美。日本食レストランもかなり見受けられます。そのため、日本人にとってニュージーランドは暮らしやすい国でもあるのです。

ニュージーランドで起業

もし、海外で起業をしたいという想いがある学生の皆さんは、選択肢の一つとしてニュージーランド….ありかもしれません!
実際にニュージーランド国内での仕事を体験するために、インターンシップやワーキングホリデーを活用してみると、ニュージーランドでの起業イメージが掴みやすくなりそうです。
起業家などによる移民はNZの経済成長を促進し、国民を国内にとどめ、海外からさらに多くの労働者を引き寄せてもいます。
ニュージーランドにとっても、賛否は分かれますが外国人の流入はメリットが大きいのも確かです。

この記事は私達が担当しました

COMMENT

Leave a Comment

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。