ビズキャンパス 〜学生の将来探しを面白くする〜

【ビジネス x キャンパスライフ】大学生活もっと楽しく、将来に少しだけ準備!成長する学生メディア

朝活で素敵な1日を

朝活をしよう!

みなさんは早起きが得意ですか?苦手ですか? 大学生になると自分で授業を選択することができ、あまり1限に参加しない人も多いのではないかと思います。夜遅くまでのアルバイトや、サークルの飲み会などがあると翌朝起きるのが辛いですよね・・・。 でも朝に活動するメリットを知ったら朝起きるのも心地よくなるかも!

メリット①心に余裕が生まれる ISHI693_hitujigumo_TP_V1 朝日を浴びると、メラトニンという睡眠ホルモンの分泌が止まりセラトニンという覚醒ホルモンが分泌されます。 セラトニンは別名、幸福ホルモンと呼ばれていて不安感や恐怖感を落ち着かせる効果があります。このセラトニンは夜になると無くなってしまうので、夜になると少しネガティブな考えになるのはこのためだと言われています。 なので、夜は早く寝て朝早く起きるほど、気持ちが前向きになり、うつ病予防にも効果があるでしょう。 朝早く起きることでゆっくりできたら、その日の授業や仕事に対しても余裕を持って取り組めますよね。

メリット②ダイエットに効果的 ama0I9A7719045124422_TP_V1 ダイエットをしている方にはとても嬉しいお話です! 朝の運動は、交感神経の働きが活発でよりエネルギーを消費しやすいと言われています。汗の分泌量が増え、脂肪が燃えやすいのです。 学校や仕事が終わってからジムやヨガなどの教室に行く方も多いと思いますが、朝の通勤・通学前に変えてみてはいかがですが?

メリット③年収がアップ、貯金額も増える UNI16040516IMG_0017_TP_V1 プレジデントの調査で、朝型であること/夜型であることと、年収の関係を見たところ、年収が増えるにつれて朝型である比率も上がっています。 また貯金額も朝型の人ほど多い傾向が見られました。 脳の働きが最も活発なのは朝であり、午前中がピークで午後から低下していくと言います。できる人は朝の時間の使い方が上手なのかもしれません。

夜型の恐ろしさ・・・ YUKA160113344195_TP_V1 夜遅くまで起きている方。眠れないからといって寝る直前までテレビを見たり、スマホをいじっていませんか? 実はこれ、かなり最悪です。 スマホで記事を読んだり、テレビ番組を見たり、新しい情報を脳に送ると脳が目覚めて興奮状態に陥ります。 またスマホの画面に使われているブルーライトブルーライトは朝日の光と似ていて睡眠リズムを壊します。自律神経も乱れるでしょう。 自立神経が乱れると、イライラ、全身倦怠、めまい、吐き気、食欲不振などの体調不良につながってきます。 怖いですよね・・・。これを機に少しずつ朝起きる練習をしてみてはいかがですか?

オススメ朝活方 PAK153124403_TP_V1 朝起きるといいのは知っている。でも起きられない!続かない!という方は無理にでも予定を作ってみてはいかがでしょうか? 予定があれば起きられますよね。 そこで楽しい朝活の方法をご紹介します。

  • カフェ巡り

通勤や通学前にカフェに立ち寄ってみてはいかがですか?早朝からオープンしているおしゃれなカフェもあります。友達と約束してみるのも楽しいイベントになりそうですよね。朝から楽しい気分になれるし、おいしいご飯も頂けたら一石二鳥です。

  • ヨガ、ジム、ランニング

朝からオープンしているところ多いです。夕方に行くよりもダイエット効果にもなるし、朝から一汗かいたら気持ち良いですよね。 皇居ランもオススメですよ!adidasRUNBASEというアディダスが運営しているランステは更衣室やシャワールームも完備されていて、ウェアやシューズも完備されているので手ぶらで行けちゃいます。通勤・通学前でも何の問題もありませんね。アディダスのウェアは可愛すぎてそれだけでもテンション上がること間違いなし!友達と行って写真を撮るのも楽しいかも!

  • 英会話喫茶

朝から運動はちょっと・・・という方、英会話喫茶はいかがでしょうか? 脳が活発に動いている朝だからこそ、英語の勉強もはかどりそうですよね。私も何度か英会話喫茶に行ったことがありますが、日本人だけでなくネイティブのスタッフもたくさんいるので、これから勉強を始めたい人もたっぷり英語で話したい人にもオススメです。 TAKEBE160224090I9A0398_TP_V1 自分にぴったりの朝活を選んで素敵な1日を過ごしてみてください!

ライター

大村 倫
2012年度ミス昭和女子大学。大学卒業時に結婚し、夫と娘の3人暮らし。 現在は、学生時代にキャスターを務めていた学生向けメディアでライターとして活動中。
Follow :

コメントをする

Facebookコメント