ニッポン放送プロフェッショナルアナウンスセミナーを見学してきました!

今回は学生キャスターがニッポン放送プロフェッショナルアナウンスセミナーを見学に行ってきました!

ニッポン放送プロフェッショナルアナウンスセミナーの特徴は「少人数」です。
1クラスは多くても6名とのこと!
少人数だと自分の出番がすぐに回って来るため集中力を維持しながら受講できます。講師に指導していただける時間も一人当たりが長くなるので、きめ細かく見ていただけている印象を受けました。

(見学ご協力)
株式会社ニッポン放送 様
ニッポン放送 プロフェッショナルアナウンスセミナー
運営: 株式会社ミックスゾーン 様

こちらは、街角天気予報についての授業。
実際に街へ出て自分で情報収集をし、本番の放送さながらの発表をします。
私たちも天気予報の解析と発声練習に参加させて頂きました!

こちらはニュース解説の授業の様子です。生徒さんたちは新聞から自分が最も伝えたい事を、自分の言葉に直して説明!生徒それぞれの個性を生かせる授業だなと感じました。
またアナウンサーの講師がマンツーマンに近い形で教えてくれることや、実際にニッポン放送の建物の中で勉強できることも緊張感があって、夢に向かうモチベーションを維持できそうです!

最後は、ジョンレノンの「イマジン」をモチーフに白をテーマカラーにしたスタジオホールを見学させていただきました。

感想

(石田)
今回のアナウンス授業体験では、ニュース解説と街角天気予報について教えていただきました。ニュース解説についてですが、ラジオのアナウンサーは裁量権が非常に大きいことが分かりました。テレビのアナウンサーと違って話す内容や原稿まで自分で選ぶことができるそうです。
また街角天気予報では、気象情報以外の季節の1ネタを盛り込むことで個性を発揮できると学びました。
普段めったに入ることができない収録室も案内していただけてとても貴重な体験でした。
私は学生キャスターとしての取材は今回が3回目で、少しずつ慣れてきました!
今後もみなさんにより興味をもってもらえる記事を書いていこうと思います♪

(北村)
アナウンススクールやラジオ局の実際のスタジオを見学させていただくという貴重な経験をさせていただきました!
映像がないラジオだからこその表現の仕方や上手な話題の切り替え方、季節を感じさせるようなネタの選び方など、これまでにあまり考えたことのなかった視点をたくさん学ぶことができました。たった数分の、自分が普段何気なく聞き流してしまっている天気予報やニュースにも読み手や作り手の想いや工夫がたくさん詰まっているのだということを知り、放送って奥深いなあと改めて感じました。とても良い刺激になりました、ありがとうございました!

(平野)
情報を視聴者の方々に提供するというのは、単に正確さが重要という訳ではなく、視聴者の方々の気持ちを常に自分なりに考える思いやりを持つことがとても重要だと感じました。
だから伝え方に「これが正解」というものがあるわけではなく、伝え手を目指すからには常に視聴者にとってより良い伝え方を追求していかなくてはいけないと思いました。

(山田)
見学だけでなく、実際に基礎練習にも参加させて頂けたのでとても良い機会になりました。普段の生活の中ではあまりラジオに触れる機会が無いためラジオ放送に関する知識は薄かったのですが、これを機にラジオ放送にとても興味を持ちました。少人数でとてもアットホームな雰囲気のレッスンだったので、私も実際に参加してみたいです。

(見学ご協力)
株式会社ニッポン放送 様
ニッポン放送 プロフェッショナルアナウンスセミナー
運営: 株式会社ミックスゾーン 様

有難う御座いました!

この記事は私達が担当しました

COMMENT

Leave a Comment

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください