今どき女子大生は堅実!?「毎月3万円以下の貯金をしている」54%

パートナーオブスターズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:星野善宣)は、株式会社ABCash Technologies(本社:東京都新宿区、代表取締役:児玉隆洋)との共催イベント、「女子大生のためのお金の授業」に参加した女子大生20名を対象に、「女子大生のお金に関する意識調査」を実施しました。

【サマリー】

・1ヶ月のアルバイト代は5万円以下−過半数
・女子大生が一番お金を掛けているものは、ファッション
・約7割が毎月貯金している−そのうち2割が「3万円以上の貯金をしている」
・約7割が「デート代は割り勘」と回答
・今のお金に関する悩みは、「社会人になった後に自分でやりくりできるか」

【調査の目的】

学生参加型メディア『ビズキャンプラス』を展開するパートナーオブスターズ株式会社と、学生向けの金融教育推進プロジェクト『ABCash for School』を展開する株式会社ABCash Technologiesが、3月12日(木)にコラボレーションイベント、「女子大生のためのお金の授業」を開催しました。
大学生にファイナンシャルリテラシーを普及していきたいと思う中で、現在の大学生のお金に関する意識を知るべく、この度の調査に至りました。

【調査結果】(1)〜(9)

(1) 現在の生活スタイルは、約6割が実家暮らし。



(2) 1ヶ月のアルバイト代は、「5万円以下」が最も多い回答となった。

就活シーズンも関係しており、急な面接にも対応できるよう、あまりシフトを入れていないとのこと。

(3) アルバイト代以外の収入は「ゼロ」が6割。

全体の約6割が、アルバイト代のみで生計を立てているとのこと。(※住居費は含まず。)
アルバイト代以外の収入額を「2万円以下」と回答したのは、実家暮らしの学生で、同居している両親や祖父母から月に1〜2万円を貰っているとのこと。
また、「3〜5万円」と回答したのは一人暮らし/寮生活の学生で、毎月仕送りをしてもらっているそうだ。

(4) 1ヶ月の消費額は、約8割が「5万円以下」と回答。

(5) 1ヶ月の支出内訳ランキング1位は、「ファッション」

洋服に月1万円〜2万円を掛けているという意見が多く見られた。
外食は、友人と一緒のときはお金を掛けるものの、一人のときはいかにお金を抑えられるかが節約のポイントだそうだ。
友人との食事は、1ヶ月の上限を1万円と決めており、一人のとき(コンビニも含む)は、上限を5千円にしているという意見が多かった。
4位と5位にランクインした美容院とコスメは、毎月掛かるものではないため、あまりお金が掛からないとのこと。
中には、「半年に1回空港の免税店にコスメを買いに行く」という意見も。

(6) 1ヶ月の貯金額に関して、約7割が貯金をしていることがわかった。

最も多かったのは、「毎月1万円〜3万円の貯金をしている」との意見。
「3万円以上」貯金している学生も18%いた。
貯金をしている理由は、旅行のためが多く、続いて海外留学が続いた。
また、「就活の移動費にお金が掛かることを予測して前もって貯金をしていた」という意見もあった。
中には、「貯金をしているつもりはなく、バイト代を使ったことがありません!」という意見も。

(7) 約7割がデート代は割り勘と回答。
自分が多く支払う、もしくは自分が全額奢るという意見はなかったものの、今どき女子大生にとって、デート代は割り勘が常識だそう。

(8) この春休み一番お金を使ったものは、「交際費」


サークルの送別会や友人と食事をする機会が増え、交際費に最もお金を掛けたと、5割が回答。
2位には同率で、洋服代、旅費、その他として自己のスキルアップのための費用がランクイン。「スポーツジムの入会に20万掛けました」や「ビジネスコンサルティング費用に20万掛けました」など、自分磨きに掛かる出費は惜しまない一面も見られた。

(9) 現在のお金に関する悩み第一位は、社会人になった後のこと。
「実家暮らしで両親に頼っているため、社会人になったときに一人暮らしをしたら自分の収入だけでやっていけるか不安」や「お給料を上手に管理できるか自信がない」といった、社会人になったときの生活を心配する意見が最も多く挙がった。
続いてランクインしたのは、投資や資産運用に関すること。「興味はあるものの、何から始めたらいいかわからない」や「種類がたくさんあって、違いがわからない」という意見が挙がった。

今どき女子大生は堅実であり、「上手なお金の使い方・増やし方」に関心を寄せているようだ。

「女子大生のお金に関する意識調査」概要

調査日:2020年3月12日(木)
調査方法:3月12日(木)開催の「女子大生のためのお金の授業」に参加した20名の女子大生にアンケート用紙配布

※転載・引用について
本調査レポートの内容については、ご自由に転載・引用いただいて構いません。転載・引用時には、必ず「パートナーオブスターズ株式会社 調べ」のクレジットを明記いただけますよう、お願いいたします。


■本件に関するお問い合わせ先
パートナーオブスターズ株式会社
広報担当 大村 倫
Email : michi.oomura@partner-stars.com
TEL : 03-3534-5154

 

この記事は私達が担当しました

COMMENT

  1. […] 「女子大生のためのお金の授業」にご参加いただいた皆さま、誠にありがとうございました!イベント内で皆さまにご協力いただきましたアンケートにつきましては、こちらよりご覧になれます。 […]

Leave a Comment

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください