物価はそこまで高くない! 外食をしなければ日本よりも出費をおさえられる!!

イギリス生活で一番気になることと言えば、お金に関してではないでしょうか?私も「イギリスは物価が高い」とずっと聞いていたので生活費がどれほど掛かるのか不安でした。でも実際に家計簿をつけてみると、日本とあまり変わりませんでした。外食をしなければ日本にいた頃よりも出費は抑えられそうです。

私のある1ヶ月の生活費を表にしてみました。主人、娘と3人で生活をしているので3人分の金額になります。(住居費・水道光熱費・通信費は省きます。)

ポンド
食費 400 60,000
日用品 15 2,250
外食 323 48,450
レジャー(交通費含む) 119 17,850

 

食費

日本で生活していた頃も食費は3人で6万円ほどだったので、自炊をする分にはほぼ同じです。特に野菜、フルーツ、食パンは日本のスーパーよりも安いです。

黄色のフルーツもメロンです。(笑) そしてお値段も1玉1.8ポンド!日本円にして270円です。
野菜やフルーツは日本で売られているものと見た目がだいぶ違うので、スーパーに行くのも楽しいかもしれないですね。

私は現地のスーパー以外にも、日本食スーパーへ月2回ほど行きます。
調味料やお米、インスタント食品、日本のお菓子など品揃えが豊富です。ロンドンのスーパーでは入手できない豚バラ肉もこの日本食スーパーにはあります。ロンドンのスーパーではお肉は基本量り売り。もしくはミンチ状のものが置いてあるくらいです。
ただやっぱりお値段は高めです・・・。
お米は5キロで2500円ほど。ドレッシングや味噌などの調味料類も日本では200円前後のところ、こちらでは1000円はします。
日本食スーパーで月に25,500円ほど(3人分)かかっているので、現地のスーパーだけで大丈夫!という人は日本よりも食費はかからないかもしれないですね。

レジャー費

(1)定番はパブ!ビール一杯4ポンド

ロンドナーの遊び方は、パブとナイトクラブが定番のようです。

(パブの外の様子。夏場はお店の外で飲む人が多いです。)

外食はお金が掛かりますが、パブのビールは安く1パイント=550ml(中ジョッキより大きいサイズ)で4ポンドほどです。パブなら日本の居酒屋よりも安く食事をすることができそうです。日本人が打ち上げで居酒屋を使うように、ロンドナーはパブを利用します。会社の飲み会も、友達とのご飯にも、スポーツ観戦にもパブを利用するほど、とても身近なものです。
また、英語で話す絶好のチャンスになります!普段、見知らぬ人と話すのが苦手でもスポーツ観戦などがある日にパブに行けば、絶対にその場にいる人と仲良くなれます。ちなみにロンドンの飲酒は18歳から大丈夫です。本場のパブの雰囲気を是非味わってみてくださいね。

(2)静かに過ごしたい日は美術館・博物館がオススメ!無料で過ごせる

ロンドンには入館料が無料の美術館や博物館がたくさんあります。観光スポットとして有名な大英博物館もその一つ。
世界最大の博物館の一つで、800万点もの世界中の美術品、書籍、考古学的な遺物、工芸品などが収蔵されていると言われています。館内にはレストランやカフェも併設されていて、1日中過ごすことができます。

その他(被服費・美容費)

上の生活費に加え、毎月は掛からない被服費や美容費もありますよね。

(1) 衣類はプライマークが安くて便利

衣類はプライマーク(Primark)というお店がオススメです。
ロンドンの数あるファストファッション店の中で最も安いのがプライマーク。服(レディース、メンズ、キッズ)、下着類、靴、バッグ、インテリア用品、雑貨など豊富なラインナップとなっています。
そして安いだけではなくちゃんとオシャレです!トレンドをおさえたファッションからオフィスウェアまで手に入るので、かなり便利なお店です。

(2)コスメは外資系コスメが断然お得

日本だと高いデパコスですが、ロンドンだと2000円ほど安く購入できることもあります。もちろんブランドやアイテムに寄りますが、日本でも人気なディオール、サンローラン、シャネルなどは安く購入できます。
また、わざわざデパートまで行かなくてもBoots(ブーツ)という薬局で買えます。Bootsは市内中至るところに店舗があり、気軽に行ける点が嬉しいです。

(3)日本人経営の美容サロンは高額

長期で留学を考えている学生さんは留学前に黒染めをしていくか悩んでいませんか?黒染めすると楽だろうけど、髪色を暗くしたくないと思う方もいると思います。でも海外でのカットやカラーって何だか不安ですよね・・・。オーダーがちゃんと伝わるのか、カラー剤が日本のものと違って染みたら嫌だなとか。
私は黒染めはせずに、今も日本人の方が経営されている美容院へ通っています。ですが、日本人の方が経営されているサロンは値段が高いです。カットとカラーで相場は120〜200ポンドほどです。200ポンド=3万円はさすがに高いですよね・・・。でもその分、技術やコミュニケーションの面でも安心できます。

現地のカットとカラーを体験してみたい!ということであれば、treatwell(トリートウェル)というサイトで探すといいと思います。日本のホットペッパーに似たサイトで、条件に合ったサロンを簡単に探すことができます。

まとめ

実際に生活をしてみて、私の場合は日本よりも生活費を抑えることができました。被服費、美容費、交際費など月によって差が出てくるものを含めても、1ヶ月5万円〜10万円弱で生活できると思います

ここには書きませんでしたが、ロンドンの携帯料金はとても安いプランが多く20〜30ポンドが相場です。あとは家賃や光熱費で生活費が変わってくるのだと思います。寮生活やホームステイを選択したら生活費自体はそこまで高くないと思うので、「物価が高そう」という理由でロンドン留学を諦めている学生さんがいたら、もう一度考えてみてくださいね。少しでも参考になれば嬉しいです。

この記事は私達が担当しました

COMMENT

Leave a Comment

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください