コロナ禍のメール挨拶 〜学生編〜

就活中は、大学の先生や先輩、共に支え合う友人など、多くの方々にお世話になります。

感謝の気持ちにマニュアルはありません。

こんなご時世だからこそ、オリジナルの温かい言葉を添えてみませんか?

文末に「一言」の心配り

・マスクの中でも「Smile」を心掛け頑張ります!
・私たちも感染対策をしっかり行い、平穏な日常を取り戻せるよう努めます。
・不便の多い日が続いていますが、この持て余すパワーを就活に注ぎ頑張ります!
・◯◯にお役に立てる事がございましたら、精一杯頑張りますのでお声掛け下さいね。
・離れていても、お互い元気に乗り越えましょう!
・この状況が一日でも早く解消される事を願っています。
・この状況が落ちつき、次回は安心してお会いできますように。

御礼のメール・お手紙

人との関わりの中で、嬉しかったり、感動したりする場面は沢山あります。でも、残念ながらその温かい気持ちは徐々に薄れてしまいます。後で手紙やメールを送ろうと思っても、気がついたら何日も過ぎていた・・・。とならない為に、感じた時が送り時です。

「御礼 メール」と検索すればいくらでも定型文がヒットする時代ですが、どの事柄に対してお礼を述べているのか、具体的なエピソードを盛り込む事で、受け取った相手方に、あなたをより印象づける事ができます。

学生の今しか綴れない気持ちがあるはずです。マニュアルにとらわれず、気遣いや感謝の気持ち、自分なりの言葉で表現できたら素敵ですね。

この記事は私達が担当しました

  

COMMENT

Leave a Comment

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください