クラウドファンディングを通して、やりたいことを実現してみませんか?

もうすぐ新年度。
新しいことに挑戦したくなる時期でもありますよね。

学生のみなさんの中にも、「オリジナルの洋服をつくってみたい」や「起業したいけれど何から始めていいかわからない」など、やりたいことはあるのにどうしていいかわからず、はじめの一歩を踏み出せない人も多いのではないでしょうか?
そこで今回は、はじめの一歩として学生さんでも簡単に始められるクラウドファンディングについてお話をします。

クラウドファンディングとは?

一言で言うと、目的のために資金調達を行うことです。
「こんなサービスやモノをつくりたい」と、やりたいことのある人がインターネット上で立案し、賛同してくれた人たちから資金を集める仕組となっています。
活用の場は多岐にわたり、新しい商品やサービスの開発、映画・ゲーム・アプリの制作、イベント開催、地域の町おこし、医療支援など、様々な分野で使われています。

クラウドファンディングには多数のプラットフォームがあります。
中でも日本初のクラウドファンディングサービス、『READY FOR』で見つけた、社会の課題解決に取り組んでいて応援したいと思った事例を紹介したいと思います。

クラウドファンディング活用の事例


①株式会社ビズジーン
「新型コロナウイルス感染症簡易検査キット開発に向けて」

(写真引用:クラウドファンディングサービス『READY FOR』より)

今、世間を脅かす新型コロナウイルス。すぐに検査が受けられないといった問題もあります。その問題解決のため、クラウドファンディングサービス『READY FOR』にて支援募集を開始したのが、株式会社ビズジーン。
株式会社ビズジーンは大阪大学発のベンチャー企業で、所有する特許技術を用いて新型コロナウイルス感染症感染者を早期発見するための簡易検査キットの開発に取り組んでいます。集まった資金は、新型コロナウイルス感染症簡易検査キットのプロトタイプ開発費用やキットを完成に近づけるための実証実験費用に充当するとのことです。

今まさに直面している問題に、いち早く取り掛かっているのがすごいですよね。順調に進めば、4月にはプロトタイプが出来上がるそうです。

プロジェクト詳細はこちらから

②株式会社MiL 
「頑張るひとり親家庭を救う、ベビーフード寄付プロジェクト」

(写真引用:クラウドファンディングサービス『READY FOR』より)

ベビーフード『Mi+ミタス』を展開する株式会社MiLは、創業時より「食」を通じて親子の力になりたいと、「自分らしい人生を食から実現する」をミッションに掲げてきました。
今回のプロジェクトは、「子供の貧困問題」と「食生活の乱れと栄養問題」に取り組むべく、立ち上げられたそうです。
支援すると、支援者の代わりにひとり親の家庭にミタスベビーフードが届けられる仕組みとなっています。
このプロジェクトを通じて、子供達が状況の格差なく、栄養のバランスがとれた食事ができるようになることを目指しているとのことです。

ご近所付き合いなどが減少していることから、孤独な環境で子育てをしている方も多いと思います。それでもこのプロジェクトのように、顔は見えずともサポートをいただけたら、ひとり親家庭の保護者の方もお子さんも温かい気持ちになるのではないでしょうか?
みんなでサポートしていけるような社会に繋がるといいですね。

|プロジェクト詳細はこちらから

③大学生も挑戦、
「島根大学 地域デザインプロジェクト」

(写真引用:クラウドファンディングサービス『READY FOR』より)

島根大学建築デザイン学科の学生が主体となり、地域の輪をつくるために島根県松江市美保関にある古民家の改修工事に取り組んでいます。
2017年より、建築系の先生、地域のみなさん、松江市役所の方々、地元の工務店の大工さんや左官屋さんに助けてもらいながら改修工事に取り組んできたそうですが、活動費が底をついてしまい、必要最低限の材料を買うためクラウドファンディングを通して資金を集めることとなったそうです。
空き家をみんなで改修しながら、地元の人も観光客もみんなが立ち寄れる場を増やしていき、地域のにぎわいに繋がることを目指しています。

若い世代が中心となって地域を盛り上げるための活動をすることは、その地域でずっと暮らしてきた人たちも嬉しいと思います。このような地域の輪づくり、とても素敵ですね!

|プロジェクト詳細はこちら

まとめ

3つの事例をご紹介しましたが、いかがでしたか?
最後の事例は大学生が発信しているものですが、クラウドファンディングのプラットフォームを見ていると、たくさんの大学生や高校生が発信しているものもあります。社会課題を解決するため、個人の夢を実現するためなど、目的は様々です。
でも全てに共通していることは、「熱い想い」です。どれもストーリーに共感でき、文章からでも力強い想いが伝わってきます。
みなさんも、実現したいことや多くの人に伝えたいことがあれば、是非クラウドファンディングを活用してみてはいかがでしょうか?

この記事は私達が担当しました

COMMENT

Leave a Comment

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください